OneDriveの利用

OneDriveを用いて5TBの大容量のクラウド保存領域を用意しています。 OneDriveには、自宅や大学のPCなどからはもちろん、スマホやタブレットなどインターネットに接続できる環境さえあればどこからでもアクセスできます。 個人領域には本当に大事な課題・レポートのデータを残し、スマホの動画や写真などはOneDriveに保存する利用方法がオススメです。

また、ファイルの共有とOffice Onlineを活用すれば、グループ内でExcelファイルを編集したり、PowerPointをスライドショーすることが可能です。 共同研究やグループ発表等にご活用ください。

OneDriveの特長

OneDrive - 利用上の注意

OneDrive - アクセス方法

  1. http://outlook.office365.com/にアクセスし、メールアドレスおよびパスワードを入力します。なお、メールアドレスは学籍番号+イニシャル(姓・名)@edu.setsunan.ac.jpです。

  2. メニューアイコンをクリックし、「OneDrive」をクリックします。

  3. 初回利用時のみ、「OneDriveの準備ができました」をクリックします。

OneDrive - 新しいフォルダーを作成する

  1. 「+新規」をクリックし、フォルダーをクリックします。

  2. フォルダーの名前を入力し、「作成」をクリックします。

  3. 新しいフォルダーが作成されたことを確認します。

OneDrive - フォルダー内にファイルをアップロードする

  1. 保存したいフォルダーの名前欄(下線が表示される箇所)をクリックします。

  2. アップロードをクリックします。

  3. アップロードしたいファイルを選択し、「開く」をクリックします。

  4. ファイルが正しくアップロードされたことを確認します。

OneDrive - ファイルをダウンロードする

  1. ダウンロードしたいファイルを選択し、ダウンロードをクリックします。

  2. ファイルのダウンロードダイアログが表示されるので、「保存」ボタン横の▼をクリックし、名前を付けて保存をクリックします。

  3. 任意のフォルダ(デスクトップ等)を指定し、保存をクリックします。

OneDrive - フォルダを共有する

画面上部のメニューより共有を行った場合、URLを知っている誰もがアクセスできる状態(=リンクによる共有)となってしまいます。特に必要のない限り、下記の手順で共有設定するようにしてください。

なお、誤ってリンクによる共有を行った場合には、下図を参考にリンクの削除を行うことで、共有しているフォルダ・ファイル自体は削除せずにリンクのみを削除することができます。

フォルダ・ファイルの共有は非常に便利な機能である反面、操作を誤れば意図せずインターネット上に情報を公開してしまうことにもなり兼ねません。共有する相手のメールアドレスが正しいことを確認し、不用意に共有範囲を広げたりすることのないよう注意してください。

  1. 共有したいフォルダの共有欄上で「自分のみ」をクリックします。

  2. 画面右側に共有設定のメニューが表示されるので、「ユーザーの追加」アイコンをクリックします。

  3. 共有設定のダイアログが表示されるので、共有したい相手のメールアドレスを入力し、共有の説明文を記入後、「共有」をクリックします。なお、プルダウンメニュー内のCan editを選択すると編集可能、Can viewを選択すると閲覧のみ可能な共有を作成することができます。

  4. 共有状態が「共有中」となっていることを確認します。

OneDrive - フォルダの共有を停止する

  1. 共有を停止したいフォルダの「共有中」をクリックします。

  2. 「アクセス許可の変更」をクリックします。

  3. 共有を停止したいユーザーの「∨」をクリックし、「共有を停止」をクリックします。

  4. 共有が停止されたことを確認します。

OneDrive - Office Onlineについて

PAGE TOP