ATR CALL(摂南大学英語学習システム)ユーザーズガイド

ATR CALL ログインはこちら


ユーザーズガイドメニュー

利用上の注意

・スマートフォンから、アプリ版を利用した自習学習ができますが、iOSやAndroidのブラウザからクラス課題を学習することはできません。

・パソコンでの学習は、Google ChromeMicrosoft Edgeから学習してください。

Internet Explorer

ATR CALLの概要について

・効果的に学習するためにさまざまな教材が用意されており、パソコンやスマートフォン等から英語の自学自習を行うための e-Learningシステムです。
ポータルサイトと同じユーザーIDおよびパスワードでログインした後、各コースから学習を進めることができます。

・ATR CALLをパソコンで利用するにはヘッドセットが必要になります。
音声再生が発生するタイミングでヘッドセットの接続チェックが行われ、接続されていなければ、エラーメッセージが表示されます。
なお、寝屋川キャンパスのCALL教室・研修室、枚方キャンパスの情報処理演習室前方2列のパソコンにはヘッドセットを設置していますので、別途用意する必要はありません。

学生:特に利用申請等は必要ありません。
ページ上部のバナーよりアクセスし、ポータルサイトと同一のユーザーIDおよびパスワードにて、ATR CALLを利用することができます。

教員:利用申請を行う必要があります。
手続き完了の連絡を情報メディアセンターより受け取った後、ポータルサイトと同一のユーザーIDおよびパスワードにてログインしてください。

ATR CALL英語学習方法について(パソコン版)

ログイン画面

ログイン画面

<ログイン>
ATR CALL BRIX 入口をクリックするとログイン画面が表示されますので、ユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックしてください。

<ログアウト>
ATR CALL BRIX を終了する場合は、画面右上の「ログアウト」をクリックしてください。

トップ画面

※学習の方法について、詳しくは学習者操作マニュアル (PDF)をご覧ください。

ATR CALL スマートフォン版(iOS / Android)設定方法

スマートフォンアプリのインストールについて

  1. スマートフォンにアプリケーションをインストールし、設定を行うことで、パソコン版と同じコースを学習することが可能です。
    【iOS】ATR CALL BRIX for iOS - AppStore - Apple
    【Android】ATR CALL BRIX for Android - Google Play
    ※ QR コードで設定する場合は、下記の「QRコードを読み取って初期設定する方法」を参照ください。 アプリケーションを起動し、ユーザー情報等を設定します。

    • アプリケーションを起動します。
    アプリケーションを起動します
    • 「設定」をタップします。
    設定をタップします
    • 「ユーザー情報」をタップします。
    「ユーザー情報」をタップします
    • 「ATR CALL BRIXの URL」をタップします。
    BRIXのURLをタップします
    • https://atrcall.setsunan.ac.jp を入力し「ユーザー情報」をタップします。
    URLを入力し「ユーザー情報」をタップします
    • 「グループID」をタップし「0421」を入力します。同様に「ログインID」「パスワード」を入力して「設定」をタップすると、設定は完了です。
    設定をタップします

QRコードを読み取って初期設定する方法

  1. QRコードを読み込むことでユーザー情報の設定ができます。
    1.パソコンを使ってATR CALL BRIXにログインしてください。
    2.TOPページの「ツール」から「アプリ情報」をクリックしてください。
    アプリ情報クリック
    3.ページを開くと、「ダウンロード用QRコード」と「ユーザー設定用QRコード」が表示されます。
    ダウンロード用
  2. スマートフォン・タブレットでの設定方法
    • スマートフォンのATR CALL BRIXアプリを起動し、ユーザー設定用のQRコードを読み取ってください。
    QRコード読み取り

スマートフォンでオンライン学習する方法

  1. 学習方法
    • トップの「オンライン学習」をタップします。
      学習方法はパソコン版と同じです。
    オンライン学習のタップ

    ※詳しくは、操作説明書(オンライン学習) (PDF)をご覧ください。

スマートフォン オフライン学習の廃止について