紙芝居ボランティアを通した地域貢献

プロジェクトの概要

寝屋川市で2013年4月に施行された「自転車安全利用条例」を小学生に分かりやすく伝えるため、紙芝居の読み聞かせ活動をします。門真市の民話に関する紙芝居の作成も予定しているほか、新たな取り組みとして、日本の伝統文化を日本で働き、学ぶ外国人に紹介するため、これまでに作成した紙芝居を英語に翻訳し国際交流センターなどで上演します。この活動を通して仲間と協働しながら社会に貢献する喜びを体験することにより、学生が役割意識や自己効力感を高めることを目指しています。