Department of Agricultural Sciences 農業
生産学科

入学定員80人

農作物の持続的・安定的な供給を目的に、植物の疾病や生産環境を科学的に追究するとともに、
新たな農作物(穀物、野菜、果樹、花など)や生産技術の開発とその高度利用を目指します。

学びのポイント

作物生産と生産環境について学び
新しい農作物を創成する力を養う

安全な作物の生産、安定した作物の供給、作物生産環境について深く学ぶとともに、新しい農作物を創成する力を養います。

作物生産における栽培の理論と実際を学び
課題解決能力と実践力を養う

実験や農場実習を通じ、作物生産における栽培の理論と実際を学び、生産現場が抱える諸課題の解決能力と実践力を養うための教育を行います。

農業に対する正しい理解と農作物生産に
貢献できる知識、技術および
情熱を有した人材を育てる

国内外の農業の実情、先端的な農業技術、農業の多面的機能などについて深く学び、先端農業に貢献できる正しい知識、技術、情熱を有する人材を育てます。

研究室紹介

作物科学研究室

人類の食や生活の中で、穀類、マメ類およびイモ類などの農作物は、基幹的な役割を果たしています。このような農作物を用いて「作物の収量・品質と栽培条件との関係」「環境に対する作物の反応」および「作物の価値を高める生産の方法や技術」などについて教育・研究します。

  • 植物遺伝育種科学
  • 植物病理学
  • 作物科学
  • 応用昆虫学
  • 園芸科学
  • 生産生態基盤学

取得可能な資格
(選択制)〈予定〉

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(農業)

キャリアイメージ

キャリアイメージ図

カリキュラム

農作物の生産において、省力化、高収量、高品質生産を可能にする先端農業をはじめ、諸課題の解決策を学修。

1年次 2年次 3年次 4年次
専門科目
共通群 農学概論
農学基礎演習
グローバル農業演習 スマート農業演習
農業気象学
森林生態学
農業知的財産
専門コア群
基礎系 化学
化学演習
生物学
生物学演習
物理学
生物統計学
農業植物・栽培系 植物遺伝学
作物機能形態学
植物生理学
植物育種学
作物学
野菜花卉園芸学
植物育種方法論
資源作物学
果樹園芸学
耕地生態学
施設園芸学
農業生物・環境系 植物病理学
応用昆虫学
土壌学
植物感染機構学
昆虫生理生態学
植物無機栄養学
多様性生物学
土壌微生物学
植物病害管理学
害虫防除論
雑草管理学
実験・実習系 化学実験
生物学実験
農業生産学基礎実験Ⅰ
農業生産学基礎実験Ⅱ
農場実習
農業生産学実習Ⅰ
農業生産学実習Ⅱ
農業生産学専門実験
物理学実験
専門総合群 応用生物系 分子からみた植物の働き
ゲノムと生命
生物の多様性と進化
動物とくらし
微生物とくらし
海洋生物とくらし
食品栄養系 食品学入門
食品の安全性
旬の食材と薬膳
栄養とスポーツ
栄養と健康
病気の予防と食生活
食農ビジネス系 食と農の倫理を学ぶ
食と農の経済を学ぶ
食と農の共生を考える
フードシステムを学ぶ
農業の多様性を学ぶ
食と農の歴史を学ぶ
ゼミ・卒業研究 基礎ゼミナール 農業生産学研究 卒業研究

教養科目はこちら

授業紹介

施設園芸学

ガラスハウスなど種々の施設・設備を利用することで、野菜や花の収穫期を広げることができます。最近注目されている植物工場も含め、1年中おいしいトマトや冬でも栽培できるイチゴなどの施設園芸について、その栽培理論と技術を学びます。

植物病理学

人間が病気になるように、植物も病気になります。農作物の病気による損害は年間で8億人分の食料にも相当し、植物を病気から守ることは食料生産の観点から重要な課題です。植物の病気の原因や伝染のしくみを調べ、植物の病気を防ぐ理論と技術について学びます。

食農分野のトップランナーが語る「農学」の最前線|農学FINDER
摂南大学

枚方キャンパス

〒573-0101 大阪府枚方市長尾峠町45-1

寝屋川キャンパス

〒572-8508 大阪府寝屋川市池田中町17-8

TEL 072-839-9104