学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 薬学部
  4. 薬学部|研究室紹介

薬学部|研究室紹介

医療を発展させる最新の薬学研究を通じて、高度な医療人としての薬剤師を目指す。

薬学は、人の命と健康にかかわる総合的な生命の科学です。各研究室では、薬剤学など、医薬品に関する研究はもちろん、難病につ いての研究も行われており、「チーム医療」の一員として将来の医療を担う研究が進められています。

各研究室名をクリックすると研究室HPにジャンプいたしますが、これらのページは各研究室にて作成・管理しているものであ り、摂南大学の公式HPではありません。

  • 薬剤
学研究室

    薬剤学研究室山下 伸二 教授

    有効かつ安全な経口剤開発のための研究を実践

    経口剤は、苦痛等を伴わずどこでも簡便に服用出来る最も望ましい投与剤形です。しかし、薬物によっては、経口投与 してもほとんど吸収されず、十分な治療効果を示さないものがたくさんあります。最近盛んに開発されているバイオ医薬品も経口投与出 来るものはほとんどありません。薬剤学研究室では、インスリンなどのバイオ医薬品を含め、国内外の多くの製薬企業や公的施設と共同 で、安全かつ有効な経口剤の開発を目的とした様々な研究を進めています。

    研究テーマ(例)
    • 過飽和現象を利用した難溶解性薬物の吸収性評価とその改善
    • バイオ医薬品の有効かつ安全な経口投与システムの開発
  • 薬剤
学研究室

    薬物送達学研究室佐久間 信至 教授

    がんの治療効果改善にも役立つ「薬物送達システム」の研究を進行中

    服薬後、体内でゆっくりと薬を放出させる製剤や、近年インフルエンザの治療に用いられるようになった「口から吸い 込む薬」など、薬物送達システム(DDS)は治療に大きく貢献するものです。私たちはこのDDSの研究・開発を行っています。近年では、 大腸がん細胞の表面に特異的に現れる変化を認識する造影剤を発明。大腸がんの早期発見に役立つこの造影剤の製品化を日本企業、米国 の大学と共同で目指しています。

    研究テーマ(例)
    • 大腸がんの超早期診断を実現する内視鏡検査用造影剤の開発
    • カチオン性オリゴペプチド固定化高分子を用いた細胞膜透過促進手法の開発
  • 薬化学研究室

    薬化学研究室 表 雅章 教授

    薬の効能を強める「フッ素」を活用し、新薬の開発に挑戦

    「フッ素入り歯磨き」や「フッ素コート」など身近な製品に限らず、医薬品に「フッ素」は多く使われています。薬と して機能する作用を持つ有機化合物にフッ素を導入することで、体内への吸収率が高まったり、作用が持続するなどさまざまな効果があ るからです。私たちの研究室では、その導入方法についての研究・開発を行っています。近年、ある抗生物質へのフッ素導入に私たちは 成功。現在は次のステップである、評価段階へ進んでいます。

    研究テーマ(例)
    • 含フッ素β-ラクタムの不斉合成に関する研究
    • 小分子蛍光性化合物の合成と診断薬への利用
  • 微生物学研究室

    微生物学研究室高松 宏治 教授

    地球上に存在する多種多様な微生物を研究し、衛生の向上に寄与

    地球上の多種多様な微生物は、生物圏にとって必須の存在で、人類に利益をもたらす一方で、一部は害も与えます。感染症の原因となる病原微生物はそのひとつです。私たちの研究室では、多様な微生物代謝のキーとなる酵素、及び病原性や耐性に関与する因子や細胞構造について研究しています。酵素の構造や微生物の蛍光染色法の開発に成果を上げています。

    研究テーマ(例)
    • 芽胞の構造と機能に関する研究
    • 微生物の病原因子と耐性因子に関する研究
    • 微生物の生産する酵素に関する研究

その他のゼミナール紹介

  • 複合薬物解析学研究室
    脳・精神疾患を主なターゲットとし、漢方薬や生薬など複数成分から構成される薬物の作用メカニズムや含有成分の解析を行う。
  • 臨床分析化学研究室
    がんの転移リスクを定量的に評価する分析化学的手法の確立や転移阻害剤、サプリメントの開発を目的として研究する。
  • 生化学研究室
    多剤排出タンパク質の構造と機能に関する研究及び、脂溶性ホルモンの分泌に関する研究を行う。
  • 公衆衛生学研究室
    生活習慣病やアレルギー疾病の予防のため、生体内の微量必須元素と酸化ストレス防衛のかかわりを研究する。
  • 疾病予防学研究室
    環境および食品中の「生体の恒常性攪乱因子」となる化学物質の汚染実態ならびに毒性機構の解明。
  • 薬効薬理学研究室
    難治性アトピー疾患の発症機序の解析や新規免疫療法の確立、ならびに筋萎縮性側索硬化症の様な神経変性疾患の分子レベルでの解析を行う。
  • 薬理学研究室
    高齢化社会の問題解決の一端として、「脳障害の薬物治療を指向した神経再生薬」および「難聴の予防・治療薬」の開発を目指し、研究を行う。
  • 薬物治療学研究室
    パーキンソン病や、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患の発症メカニズムを解明し、治療薬の開発を目指す。
  • 臨床薬剤学研究室
    生体にとって異物である薬の有効で安全な使い方に関する研究を行う。
  • 医療薬学研究室
    薬剤師業務として必要な処方解析を行い、臨床薬理学・薬剤学の観点から、疾患と適正な処方などを考察・研究する。
  • 病態医科学研究室
    アレルギー疾患や自己免疫疾患の病気の成り立ちや予防、効果的な治療方法の開発について実地臨床を視野に入れながら研究する。
  • 病理学研究室
    実験動物を用いて開発中の薬や既存の薬の副作用について研究する。また人の疾患のモデル動物の病態解析も行う。
  • 薬学教育学研究室
    薬学部に相応しい教育方法ならびに評価方法の研究を実践している。研究を通して、本学の薬学教育を効果的に支援している。
  • 細胞生物学研究室
    増殖因子受容体を標的とした新規抗がん剤の開発を目指し、研究を行う。
  • 生体分子分析学研究室
    癌や神経変性疾患の発症メカニズムを解明し、効果的な予防法・治療法の開発を目指す。
  • 実践薬学分野
    様々な臨床業務の問題点や疑問点を基礎研究等を通じて解決することを目標とし、得られた結果を臨床現場で活かせる研究を行う。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP