学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 薬学部
  4. 薬学部|学びの概要・流れ

在学生の方へ薬学部|学びの概要・流れ

求められる医療人マインド。体験・挑戦が可能性を広げる。

薬学部で学修と研究の対象とするもの、それは文字通り「薬」です。しかし、いま社会に求められている薬剤師は、薬物を物質としてのみとらえる薬の専門家ではありません。近年、薬剤師は、薬による治療(薬物治療)の専門家として、病棟への常駐化が進んでいます。患者さんの状態を把握し、より適切な医薬品の提供や服薬サポートを行います。また、地域の医療人として在宅での薬物治療への参画も推進されています。このように、薬剤師は薬物治療のリーダーとして医療チームでの重要な役割を担っています。それを実現するための必須資質として、「人に向き合い、連携する能力」が強く求められています。病気や薬物に関する基礎研究、製薬企業での医薬品開発や医薬品の情報提供等も同様です。医療現場での識見を有する研究者へのニーズが高まっています。薬の専門知識と医療人マインドを合わせ持つことが薬剤師や薬学研究者などには不可欠なのです。
本学部では、このような資質を養う教育方法(アクティブ・ラーニング)の開発も行い、さまざまな体験・挑戦の場を創造しています。早期からの医療施設や介護老人保健施設でのボランティア学習、看護学部と連携した専門職連携教育、TBL(Team-Based Learning、学生相互の学び合い学習法)など、すべての体験・挑戦により薬の専門知識と人に向かい合う能力が身につきます。本学部の学習を通して、薬に関するサイエンティスト医療人としての自分の目標や将来の可能性が広がることでしょう。

薬学部

学びの流れ

学びの流れ

学びのポイント

  • 教え教わり成長する。
    チーム基盤型学習
    話を聞くだけではつまらない。教室では気軽に質問ができない。知識を使わないから身につかない。そんな、従来の「一方通行」とも言える講義が抱えていた問題点を解決するチーム基盤型学習(TBL)を導入。4~6人の学生からなるチームが力を合わせて、ひとりでは解くことのできない課題に取り組みます。他のチームと競い合うなかで、あるいはお互いに教え教わるなかで、参加するすべての学生が成長します。
  • 薬剤師の新しいしごとを創る。
    フィジカルアセスメント実習
    病院では、患者さんの病状を把握して最適な薬物治療を提案する。薬局では、地域の方々の薬物治療を支えるとともに、健康に関する情報拠点となる。チーム医療の中で積極的に発言する。このような薬剤師を養成するために、フィジカルアセスメント教育(血圧の測定や心音・呼吸音を聴診する実習)など、先導的な教育を展開しています。さらに、「チーム医療はチーム教育から」を合言葉に、看護学部との専門職連携教育にも力を入れています。
  • 臨床現場で学ぶ。
    薬学臨床実習
    薬学の6年制教育は、臨床での高い実践的能力を身につけた薬剤師の育成が求められています。その能力を磨く場となっているのが、5年次の薬学臨床実習です。病院・薬局でそれぞれ2カ月半にわたって実施される薬学臨床実習では、さまざまな業務を通して薬に関する知識を深めると同時に、各種技能を身につけます。また、医師や看護師などと実際に仕事を行うことで、チーム医療の一員としての責任感や患者さんと接する態度を学んでいきます。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP