学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 薬学部
  4. 薬学部|学部長挨拶

薬学部|学部長挨拶

薬学部長薬学部長 
河野 武幸

社会のニーズに応える
未来型薬剤師の育成

摂南大学薬学部は、「人間力・実践力・統合力を養い、自らが課題を発見し、そして解決することができる知的専門職業人を育成する」との摂南大学の教育理念の基に、1983年に開設されました。本学部は、「高い倫理観、心豊かな人間性、実践的能力を備え、わが国の医療の進化、健康・福祉の増進、生活環境の保全に貢献する薬剤師を養成すること」を目的として、情熱と熱意の溢れる薬学教育・研究および積極的な社会貢献を通した高度な専門性と豊かな人間性を備えた薬剤師の養成に取り組んでいます。薬剤師としての専門的知識・技能・態度(Science, art, and behavior)などの医療人教育に加えて、「前に踏み出す力(action)」「考え抜く力(thinking)」「チームで働く力(teamwork)」「人間性(humanity)」を醸成する人間教育・社会人教育を重要視しています。そのために、本学独自の教育プログラムおよび教育法の開発を行い、先進的な教育を実践しています。

近年の医療の高度化、薬剤師を取り巻く環境の変化に伴い、2006年には薬学教育が6年制となり、本学では「未来型薬剤師」の育成を目指した教育がスタートしました。これは、薬学教育・研究プログラムと環境整備の充実を図ることで、高度医療や在宅医療などの臨床現場で薬物治療のリーダーとして活躍する薬剤師、創薬・育薬のフィールドなどでも活躍できる薬剤師など幅広い領域で次世代を担う多様な人材(人財)の養成を目指すものです。さらに、大学等の教育研究機関、医療現場、製薬企業における将来の指導者の育成という観点から、薬学部を基礎に置く大学院(薬学研究科医療薬学専攻・博士課程)を設置しています。本専攻では、「臨床薬学」「健康薬学」「医薬品開発学」の3分野の教育課程を構成し、いずれかの分野に重点を置きながらも医療薬学の全般的な専門的能力を統合的・体系的に修得します。このように、本専攻では、研究能力の高い薬剤師、薬学研究者、薬学教育者の育成に尽力します。

大学院生や薬学部学生の研究と学びの新たなプラットホームとして、2016年4月、基礎と臨床を融合させた研究を展開する研究施設(藤多哲朗記念臨床研究センター)を開設しました。このように、摂南大学薬学部は、学生および教職員が一丸となって薬学教育・研究プログラムとその環境を進化させ続け、国内外の薬学をリードする特色ある薬学教育・研究活動を展開するとともに、社会に貢献できる人間性の溢れた薬学分野の知的専門職業人を輩出し続けます。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP