学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 機械工学科
  5. 機械工学科|研究室紹介

理工学部 - 機械工学科|研究室紹介

自動車、ロボット、医療、宇宙、エネルギー...。
日本のモノづくりを発展させる新たな技術開発に挑戦。

生産機械や動力機械など、直接モノづくりにかかわる領域はもちろん、機械工学の技術は、医療、エネルギー、ITなど、他の領域とも深いかかわりを持っています。各研究室では、さまざまな分野でテーマを掲げ、機械工学の観点から専門的な研究を進めています。

研究室

  • 熱工学研究室 一色 美博 教授

    熱工学研究室一色 美博 教授

    次世代エンジンなど、熱関連機器・装置の開発や性能改善に挑む

    本研究室で取り組むのは、熱関連機器・装置の開発や性能改善に関する研究です。近年、ハイブリッド車並みの低燃費を実現したガソリンエンジン車が誕生しました。エンジンにはまだまだ可能性があります。新タイプのエンジンであるスターリングエンジンを実際に製作し、ラリーに参加するなど挑戦を続けています。こうした挑戦のなかで培われるのは、知識や技術はもちろん、問題を自ら解決していく力。将来、新技術の開発に役立つ素養を磨きます。

    研究テーマ(例)
    • 小型スターリングエンジンカーの開発研究
    • 小型スターリングクーラーの開発研究
    • 摩擦圧接シミュレータの開発研究
  • 環境機械工学研究室 辻野 良二 教授

    環境機械工学研究室辻野 良二 教授

    世界初の技術を開発!これからの機械技術を追究する

    新しい摩擦接合技術を考察し、異形、異種、大型などの新継手の製造について研究します。

    研究テーマ(例)
    • ナノバブル製造技術の開発
    • DLC電磁気シールド材料の開発
    • 地震予知装置の探索研究
  • 材料工学研究室 岸本 直子 准教授

    材料工学研究室岸本 直子 准教授

    将来の宇宙構造物のかたちやしくみを創造する

    高真空・微小重力という究極の環境である宇宙空間で「うまく」機能する宇宙構造物のかたちやしくみを新しく考える研究に取り組んでいます。環境の変化に適応して進化してきた生物のかたちやしくみを調べて参考にしたり、高い精度が要求されるアンテナのかたちを測る装置を開発したり、宇宙構造物に関わるさまざまな研究テーマに、自由な発想で挑戦しています。

    研究テーマ(例)
    • 海洋プランクトンの3次元形態に関する研究
    • 昆虫の羽化に学ぶ膜面展開構造物の研究
    • 高速かつ高精度な画像計測法の開発

その他の研究室紹介

  • 流体システム工学研究室
    流体工学を体内の血液の流れに当てはめることで、医療への貢献も可能。現在は、新たな人工心臓の研究開発に挑戦中です。
  • 流体工学研究室
    見えない流れの様子を、実験や数値シミュレーションによって可視化します。
  • メカトロニクス研究室
    人が快適に機械を操作できる新しいインターフェースを、メカトロニクス技術を使って開発します。
  • 知的材料評価研究室
    機械や構造物の高度化と経年化により、その健全性評価が求められるなか、逆解析と破壊力学を用いた研究を実施します。
  • 人間工学研究室
    人間の代理人である3次元デジタルヒューマンの開発と、それを用いたユニバーサルデザインの研究を行います。
  • 知的システム研究室
    製造の物理現象(製造科学)とシステム最適化の観点から、今後のスマート製造のあり方を探求しています。
  • システム制御研究室
    さまざまな対象をシステムとしてとらえ、いかに"うまく"制御するかを数理的な手法に基づき研究します。
  • 加工プロセス研究室
    高度な「モノづくり」を実現するために必要となる、より高効率・高精度・低環境負荷な加工法を研究します。
  • 振動制御研究室
    機構やアクチュエーターの開発を通して構造物のダイナミクス最適化の研究を行います。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP