学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 機械工学科

理工学部 機械工学科

機械工学はより安全で性能の優れたモノの設計や技術を学ぶ学問ですが、本学科ではそこに独自性という視点を加えることも大切だと考えています。従来にない便利さや快適さ、新たな社会の仕組みづくりなどに貢献してこそ技術者の存在意義があります。そのため本学科では、資格取得をサポートしながら基礎知識の理解、応用可能な実践力の養成を実施。さらに、自然界など一見異なる分野から発想を得る視点、ユーザー視点に立ったイノベーション思考までも磨いていきます。

理工学部 機械工学科

機械工学科の特色

4つの学びから探究する専門分野

環境機械、電子機械、造形や色彩などを学ぶ本学独自のインダストリアルデザイン、ものつくり機械の4系統の専門分野を設置しています。

積極的にサポート資格取得

知識・技術の修得に加え、学科をあげて資格取得を支援。夏期には「機械設計技術者3級」の集中講義を開講しています。

教育プログラムは国際水準

機械工学総合コースは、JABEE認定を受審したプログラムを採用。修了後には、国際的に優れた技術者として認められ、就職・進学にも有利です。

コース紹介

機械生産コース

  • 品質や生産性、コストも考えた生産・加工技術を身につける。
    機械工学の基礎から加工までの知識と技術を広く修得。品質、生産性、信頼性、コストまで考慮できる優れたエンジニアを目指します。

機械工学総合コース

  • JABEE認定のカリキュラムで高度な機械エンジニアを育成。
    JABEE認定の高度なカリキュラムに基づき、機械工学にかかわるすべての領域をバランス良く学習。理論的に考え、総合的な提案力を養います。

研究室紹介

自動車、ロボット、医療、宇宙、エネルギー...。
日本のモノづくりを発展させる新たな技術開発に挑戦。

生産機械や動力機械など、直接モノづくりにかかわる領域はもちろん、機械工学の技術は、医療、エネルギー、ITなど、他の領域とも深いかかわりを持っています。各研究室では、さまざまな分野でテーマを掲げ、機械工学の観点から専門的な研究を進めています。


学部・大学院

ページの上部へ