学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 建築学科学部・大学院
  5. 建築学科|研究室紹介

理工学部 - 建築学科|研究室紹介

建築とは、人の暮らしをつくること。
人間の本質を見つめ、建築物のあり方を探求。

建築物の構造や強度、耐震性能から人・建築・社会の関係まで、建築をとりまく状況を専門的な視点から探り、安全性、快適性、美しさのバランスを考慮した建築と都市のあり方について研究しています。

研究室

  • 都市建築史研究室 加嶋 章博 准教授

    都市文化共生デザイン研究室加嶋 章博 教授

    人のつながりまでも生み出す、これからの都市空間を提案・設計

    歴史的建築作品の特徴についての分析、地域の町並みや地域の都市空間特有の資源、都市形成の特性(歴史的資源)などを調査・研究。これらの研究は、これからの町や地域のあり方、都市空間の設計につながっていきます。2012年度は寝屋川市地域プロジェクトと題し、地域資源をどのように「見える化」できるかという課題に取り組みました。資源を生かし、デザインに昇華させることで人と人、町と人のつながりも育まれていきます。こうした実践を通じ、提案力を養います。

    研究テーマ(例)
    • 寝屋川市地域カフェ・プロジェクト
    • コミュニケーションが育まれる複合教育施設(設計)
    • 京阪沿線の都市開発(論文)
  • 建築防災工学研究室 池内 淳子 准教授

    建築防災工学研究室池内 淳子 教授

    都市設計はもちろん、マンパワーまで視点に入れた防災計画を研究する

    私たちが暮らすこの日本では、地震や台風などの自然災害が多く発生します。自然災害そのものをなくすことはできませんが、被害を軽減することは可能です。この研究室では、病院の防災力向上、災害直後の支援体制強化など、都市と防災に関するあらゆるテーマを取り扱っています。その中には、被災地での復旧支援や、小中学生向けの防災教育活動など実践的な内容も含まれており、社会の中で防災に関心を持つ「人」を増やすことにも着目しています。

    研究テーマ(例)
    • 中学生の防災力向上を目的とした防災教育プログラムの効果と検証
    • すさみ町における人的被害軽減のための津波避難対策
    • 摂南大学寝屋川キャンパスにおける帰宅困難者対策
  • 構造力学研究室 上谷 宏二 教授

    構造力学研究室上谷 宏二 教授

    より優れた性能を持つ構造を生み出すための設計手法を追究

    地震国である我が国では、十分な耐震性を備えた安全な建築構造物を設計しなければなりません。一方、合理的で経済的な設計も求められます。また構造物の大規模化も進んでいます。こうしたさまざまな課題を総合的に解決するためには、従来のように設計者の勘と経験に依存する設計手法ではなく、理論的な手法が必要になります。そこで本研究室では、最適化や性能操作法といった理論を用いて、より優れた性能を持つ構造を迅速につくりだすための研究を行っています。

    研究テーマ(例)
    • スパン長がRC造骨組の最適コストに及ぼす影響の解明
    • 津波力を考慮したRC構造物の最適設計
    • 施工コストを考慮に入れた建築構造物の最適計画

その他の研究室紹介

  • 建築計画研究室
    これからの建築の課題やあるべき姿とは?社会・環境的問題を踏まえ、解決すべき課題を模索。解決案を創造していきます。
  • 居住空間計画研究室
    人々の暮らしや生活サービスと住宅・まち・都市の空間との関係を研究します。
  • 建築意匠・建築設計研究室
    建築空間における外部と内部の関係性を研究し建築学を学びます。
  • 鉄筋コンクリート構造研究室
    鉄筋コンクリート造建物の性能がテーマ。つくりやすさや安全性に優れた施工法や新材料を実験的に研究、開発する。
  • 人間-温熱環境系研究室
    快適・健康的な空間を創造するために、環境から人体への温熱刺激を把握して、人体の生理・心理反応との関係を明らかにすることによって、環境を評価する研究を行っています。
  • 建築・都市デザイン研究室
    建築だけに留まることなく、人や自然、地域や都市など、われわれのまわりにあるもの全体を総合的にとらえて、研究活動ならびに設計活動を行います。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP