学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 住環境デザイン学科
  5. 住環境デザイン学科|研究室紹介

理工学部 - 住環境デザイン学科|研究室紹介

キーワードは「エコとデザインの可能性」。
インテリアから住宅・まちまで、未来の住環境を考える。

インテリアデザイン、建築設計、住宅管理、環境問題など、住環境にかかわる幅広い研究領域をカバーする研究室を配置。特徴は、多彩な切り口を持ちつつも、エコ概念と技術、そしてデザイン能力を統合した学びとなっています。

研究室

  • 建築・環境デザイン研究室 稲地 秀介 准教授

    建築・環境デザイン研究室稲地 秀介 准教授

    建築や環境デザインを中心に、「未来のカタチ」を考える

    住環境はそこで暮らす人々の「気持ち」や「記憶」抜きにはデザインできないと考えています。例えば大震災からの復興においても、慣れ親しんだ「かつての街」という人々の記憶を優先するのか、「安全」という願いを優先して町ごと移転して再設計するのかという選択によって、「未来のカタチ」は大きく変わってきます。本研究室では、美しさや利便性・経済性だけでなく、こうした人々の思いを汲み取ることで住環境のあるべき姿を考えていきます。

    研究テーマ(例)
    • 安全で環境共生的な密集市街地改善計画に関する研究
    • 減災に向けた地域文脈の解読と空間再編に関する研究
    • 建築デザインにおける「○○らしさ」に関する研究
  • 空間情報デザイン研究室 榊 愛 准教授

    空間情報デザイン研究室榊 愛 准教授

    空間情報シミュレーションでまちと人の関係を分析する

    CAD・CG・GIS※(地理情報システム)などの空間情報技術を駆使して、建物やまちが持つ情報の分析・可視化を行います。
    ※GIS/Geographic Information System

    研究テーマ(例)
    • CGを用いた住空間の快適性に関する評価
    • GISを用いた都市の安全性に関する分析
    • CADを用いた人の空間認識に関する研究

その他の研究室紹介

  • 住環境マネジメント研究室
    建物のハード面の計画、暮らし続けるソフト面の対策、双方から、快適に住み続けるための「空間管理システム」を考えます。
  • インテリア・建築デザイン史研究室
    家具・インテリア・建築に関する歴史を考察し、今後の住環境をより良くするデザインについて研究・提案します。
  • 光・色彩環境計画研究室
    高齢者や視覚障害者、外国人などさまざまな人に配慮した「視環境」という視点から、建築・都市のあり方を考えます。
  • 景域デザイン研究室
    人間の諸活動が展開される地域(景域)のさまざまな問題を調査・分析し対応策(デザイン)を提案します。
  • 人間-空気環境系研究室
    生活環境と空気環境の関係を中心として、暮らしの中で感じるにおいを測る方法、かおりを生活の中に取り込むことによる生活環境の向上などについて研究します。
  • 地球共生デザイン研究室
    地球上の全生命体が共生できる世界を目指し住環境・社会・文化等有形無形を問わず全てを新しく地球共生を主軸にデザインし多様な課題を分野横断的に追求します。

1号館を生きた教材として利用

本学科は、寝屋川キャンパス1号館のエコプロジェクトに参加しています。ECO技術(緑・光・水・熱・風)に関する工夫では、ヒートアイランド現象を緩和するための屋上緑化やクールルーフ設置などを計画中です。このほか、プレゼンテーションロビーの設備・利用法の企画や学生による「風になびくフラッグデザイン」などを提案。さらに、1号館を用いて温熱環境などの環境測定・分析を学生とともに行い、その成果を全国に発信しています。

1号館サーモグラフィー 1号館外観

学部・大学院

ページの上部へ

TOP