学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 経営学部
  4. 経営学科

経営学部|経営学科

企業から自治体、NPOまで。
「組織」の動かし方=マネジメントを実践的に学んでいく。

経営学科

経営学というと「企業」のマネジメントや会計について学ぶことだと思っている人も多いでしょうが、実は、公共団体やNPOなどあらゆる組織がその対象です。また、組織は非常に多様化しており、デジタル機器で有名なある企業の収益を支えているのが実は金融部門であるなど、意外な事実が隠されていることも少なくありません。本学科では、経営に関する事象を客観的に分析する術を学び、社会や組織のリアルな姿を見抜く力を養います。それが、自分の将来を切りひらくことにつながります。

学びの流れ

学びの流れ

学びのポイント

  • 講師陣は経験豊富な起業家。ベンチャースピリットに触れる。
    ベンチャービジネス論
    「ベンチャービジネスとは何か」「どうすれば起業できるか」を学ぶ科目。特長は、起業家やベンチャー企業の支援を数多く手掛けている専門家がリレー形式で講師を務めること。実体験に基づく独自のノウハウや実践的な知識を得ることができる科目です。また、起業家たちの熱い思いに触れ、ビジネスを立ち上げることや働くことの意味についてじっくりと考えることができます。テーマとなるビジネスの分野は非常に幅広いため、さまざまな業界の「いま」を知ることができる科目でもあります。起業を目指す学生だけでなく、就職を希望する学生にとっても大切なベンチャースピリットについて理解を深めます。
  • 4年間の学びの成果を実際の企業に向けて発信。
    PBL型卒業研究
    4年間の学びの集大成である卒業研究では、組織や人間、経営管理、企業などに関するテーマをグループごとに決めて取り組みます。経営学科では、PBL※型といって実際の企業の協力のもと、リアルな社会の現場で課題解決に取り組む研究を行っています。最近の例では、業界団体からの依頼を受け、学生たちが運送業界の労働環境を調査・分析し、そこから導かれた課題を明らかにするとともに、改善のための提案を行いました。生きた企業の事例に触れながら、分析から課題解決方法の立案、プレゼンテーションまで行う経験は、社会人としての基礎力にもつながっていきます。
    ※PBL(Problem Based Learning 問題発見解決型学習)
    • 調査・分析結果から改善策を企業へ提案調査・分析結果から
      改善策を企業へ提案
    • グループミーティンググループミーティング
    • プレゼンテーション技術も向上プレゼンテーション技術も向上

学部・大学院

ページの上部へ

TOP