学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 法学部
  4. 法学部|学びの概要・流れ

在学生の方へ法学部|学びの概要・流れ

個人、地域、企業、国、すべての営みを支える法律。法の視点で社会を見ると、考える力が身についていく。

法律は"社会のモノサシ"といわれ、私たちが何をすべきで、何をすべきでないかを定めた社会のルールです。憲法や民法、裁判というと少し遠い存在に思えるかもしれませんが、コンビニでモノを買うのは「売買契約」として法律で定められた行為ですし、一歩家を出て外を歩けば「道路交通法」がかかわってくるなど、私たちの生活と密接に関係する身近な存在であることが分かります。

しかし、社会も国も人がつくり出す限り問題やトラブルが発生します。そうした問題や課題をどうやって解決していくのかを定めるのが法律の役割であり、それを考えるのが法学の学びです。一方、現代ではさまざまな立場の人や状況が複雑に絡み合い、ひとつの答えが絶対に正しいという時代ではありません。例えば、ボランティアなどで他人の家に勝手に入るのは家宅侵入になるのか、どこまでがボランティアとして許される行為なのかなど、時代によってルールも変化し予想もしていなかった問題が起こることもあります。

法学部では、社会の課題を解決するためにまずは現状を把握し、情報を整理・分析、そして予測されるリスクを想定しながら、解決策を探っていきます。その過程では、感情に左右されず根拠を提示しながら判断を下すことが重要になります。こうしたアプローチを繰り返すことで、多角的な視点と自ら考え行動できる問題解決能力を身につけることができるのです。法学という学びは、覚えるのではなく、生かしてこそ意味がある。そして、社会のあらゆる課題を解決へと導く学びなのです。

法学部

学びの流れ

学びの流れ

学びのポイント

  • 法律学科から広がるキャリアの全体像を理解する。
    法政キャリア特別講義Ⅰ
    「法政キャリア特別講義」は、法律学科での学びとキャリアを関連づけ、自身が選択した分野でのキャリア形成を図っていく講義です。1年次から3年次まで体系的にカリキュラムが編成されており、1年次は、総合案内となる講義を開講。2年次からは国家公務員や地方公務員上級職、警察官そして一般企業など、それぞれの目指す進路に応じて受講します。将来のキャリアについて理解を深められるとともに、公務員試験や就職試験などにも取り組むことで、体験を通して自分自身の進路を考えられることが特長。2年次以降の学びと卒業後の人生において、非常に有意義な内容となっています。
  • 公務員試験の頻出分野を題材に、基礎知識を確実に習得する。
    実定法特別講義Ⅰ
    憲法や民法、行政法などの「実定法」と呼ばれる法律は、国家公務員をはじめとした各種の試験で出題されることが多い分野です。その対策として、多彩な問題演習を行って専門科目の基礎知識を確実に習得することを目指すのがこの講義。教員と学生の双方向のコミュニケーションによって、受講生一人ひとりの苦手分野の発見と克服に取り組んでいます。主に国家公務員や地方公務員上級職を目指す学生を対象とした講義です。
  • 多くの人がスポーツに親しみ、健康に暮らす社会へ貢献。
    スポーツと法のかかわり
    地域社会の連帯を深める、健康の維持・増進が医療費削減につながるといったスポーツが持つ側面に注目し、公共政策の一環としてスポーツ政策を位置づけ、スポーツ活動の社会的な役割を法律・政策面から学びます。また、スポーツをするうえで必要な知識も習得できるため、スポーツプログラマー※の資格取得も可能です。

    ※スポーツプログラマーとは
    地域のスポーツ施設やフィットネスクラブなどでスポーツを楽しめるように、適切な指導やアドバイスをする専門家のこと。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP