学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 法学部
  4. 法学部|授業紹介

法学部|授業紹介

授業紹介

具体的な判例を交えた実践的な学びで、法と社会の関わりを理解。
専門的知識と客観的視点から問題解決力を養う。

歴史的に有名な裁判を取り上げた講義や、契約、人権、ジェンダーなどの領域から、身近な課題をテーマにした講義など、多彩なカリキュラムを用意。実社会での法を体感しながら問題解決力を養います。また、意見を交わし合いながら論理を組み立て、社会で通用する思考力を養成。法的諸問題を客観的に把握します。

共通科目(必修)法学概論

法律学全般にかかわる基本的知識を身につけることを目的とします。法の意味と役割、法の種類、法令用語、法の解釈など、法律学を学ぶために不可欠な知識を習得します。

法律学特修コース実定法上級講義

実定法について高度な知識および応用力を身につけられるように少人数による実践的教育を行います。

企業法務コース商法応用講義

現代の企業法制においてとくに問題になっているコーポレートガバナンスについて最新の事件を分析・検証し、解決策を導き出します。

地域政策コースボランティアと法律

3年次開講「地域政策特別講義」の一つ。法律と密接に関わるボランティア活動、ボランティアが関わる現場の法律問題、ボランティア活動の盛り上がりが背景にある立法、ボランティア活動に期待する立法について、実務家のゲスト講師を毎回招いて意見交換します。

スポーツ法政策コーススポーツ政策論

健康の維持増進、教育、社会的平等など、現代社会におけるスポーツの意義や役割を学習。スポーツ政策の立案過程についても学ぶことで、スポーツと政策との関係に対する理解を深めます。

学部・大学院

ページの上部へ